MENU

つわりが辛い...けど

妊娠して最初に直面する試練が「つわり」です。何をしていなくても胃がムカムカする、気持ち悪くて吐く、眠い、だるいなど、様々な辛い症状が押し寄せてきます。つわりが現れるということは妊娠しているというサインではありますが、できれば症状を和らげて楽に過ごしたいですよね。

 

しかし、その前に考えて欲しいのが赤ちゃん(胎児)への影響です。

 

 

つわりが悪化すると「妊娠悪阻(にんしんおそ)」と呼ばれる状態になり、入院や点滴治療が必要になります。

 

つわりと妊娠悪阻を区別する明確な基準はありませんが、症状の重さである程度区別できるので、以下のような症状が見られたら妊娠悪阻を疑いましょう。

 

妊娠悪阻を疑うべき症状とは?

食事や水分をまったくとれない

 

1日に何度も吐く

 

トイレの回数が極端に減る(脱水症状)

 

つわりになって元の体重から5%減る

 

日常生活を送ることが困難になる

 

妊娠悪阻はつわりの辛い症状が1日中続くのも特徴です。「つわりで病院に行くなんて…」とは考えずに、辛いときはすぐに病院を受診しましょう。妊娠悪阻を放置していると母子の命にかかわることもあるので、早めの対処を心がけてください。

 

妊娠悪阻では食べ物や飲み物を一切受け付けない・・・というケースも多く、赤ちゃんへの影響が気になるところ。
実際、重い妊娠悪阻をもった妊婦さんのごく一部に低体重児の報告があるそうです。しかし、今までの研究において他に目立った影響は報告されていません。

 

ウェルニッケ脳症とは?

妊娠悪阻が悪化すると、「ウェルニッケ脳症」になることも・・・。これはビタミンB1の欠乏によって発症するもので、妊娠悪阻やアルコール中毒症などの患者さんにみられます。
赤ちゃんがウェルニッケ脳症になるのではなく、その対象はあくまで“お母さん(母体)”です。眼球運動障害や失調性歩行、意識障害などの症状があらわれ、後遺症を残すことも。
ビタミンB1の不足によって発症するため、妊娠悪阻の患者さんにはその投与が促されています。
このような話を聞くと不安になる妊婦さんも多いと思いますが、過度に心配する必要はありません。ただし、つわりでも危険な状態になり得る・・・という意識はしっかりと持っていてください。「つわりは病気じゃない」と言い聞かせているママも多いようですが、我慢は禁物です。

 

知っておきたい妊娠と「つわり」の関係

厚生労働省の統計によると、50%〜60%とおよそ半数以上の妊婦が「つわり」を経験しているようです。
でも、つわりが本当に辛かった人や逆にそうでもない人など本当に人それぞれ十人十色なんです。
多いのが食べ物を見たり、想像しただけで気持ち悪くなって吐いてしまう...こんなあなたは脱水症状も心配ですので注意が必要になります。

 

この「つわり」の時期に大切なのは、
好きなもの、食べられるものを見つけて、自分なりにうまく乗り切ることです。

 

ピークの10週目〜およそ個人差もありますが14〜15週目辺りで終わるといわれています。体重が激減しない限り、または脱水症状を起こさない限り「つわり」は心配しなくて大丈夫です。

 

中には「水分すらとるのが辛い」や「食べ物を食べると全部吐いてしまう」といった症状が出るあなたは病院へいって点滴などの治療を早期に受けるといいでしょう。それらの治療も含めて必要であるという認識をしておきましょう。

 

「つわり」の症状は人それぞれ

妊娠してすぐに「つわり」になる人、またかなり遅くまで続く人など度合いは個人差がかなりあります。
口にできる食べ物もそれぜれで、中には病気でもないのに寝込んでしまう人もいるほど「つわり」は本当につらいものです。しかし、この「つわり」こそが、自分の身体に宿った新しい生命の証拠でもあるわけです。
 
また、この時期の赤ちゃんはそれほど栄養をそれほど必要としていないのです。
「つわり」で何も食べることができない妊婦さんがお腹の赤ちゃんは大丈夫かしら...と心配したくなりますがこの時期の赤ちゃんはまだお母さんからの栄養をそれほどたくさん必要としていないので、神経質になる必要はありません。

 

つわりの種類は2種類!

 

食べつわり

 

 

吐きつわり

 

 

とにかく口に何か入れないと気持ちが悪くなるのが「食べつわり」です。これは気が付くと体重が...ってことは女性にとっては心配の種ではありますね。
また、吐きつわりの場合は、食事をするしないということに関係なく、とにかく吐き気や嘔吐が襲ってくる症状があります。これには、ホルモンのバランスもあって、眠気が酷いという人もいます。

 

これは「つわり」によるストレスが大きく影響します。 妊婦さんではストレスも強くかかり、精神的にも不安定になりがちになります。

 

そのために一番気をつけたいのは

赤ちゃんのために自己判断は避ける!

ということです。
時に「つわり」は重症化したり、悪阻という状態になると本当に大変です。病院で早期に対応してもらえば重症は避けられる場合も多いので、必ず専門医の診断を受けるようにしましょう。
この状態になることで一番影響を受けるのが赤ちゃんということ認識してください。
 
脳に影響が出る...とはお母さんにとってはにわかに信じがたいことですが、「つわり」で栄養状態が悪くなれば生まれてくる赤ちゃんの脳にも影響がでてしまいます。一番怖いのは後遺症となる場合もあるということです。
なので、自己判断だけは必ず避けましょう。赤ちゃんを守れるのはあなただけですから。

 

 


「吐きつわり」で全く食事が喉を通らない...そんなときの救世主がグリーンスムージー!

つわりは本当に辛いです。
「こんな辛い思いをしてまで...」って思ってしまうのも事実。妊婦さんはそうでもなくてもホルモンバランスが崩れているので精神的に不安定になりやすいもの。
精神的、肉体的に楽になるために、また「つわり」が悪阻になる前にしっかりと対処しましょう。

 

しんどいといってもいつかは治るものですから!だからあまり神経質になり過ぎないということがポイントです。専門医にかかればそれが本当にひどい「つわり」になっているのか、はたまたは病的なものではないかという正確な判断をしてくれます。専門医の話を聞くだけでもすごく楽になるので我慢しないで病院へ行きましょう。

 

そんな病院での出来事です。「吐きつわり」で全くもって食事が喉を通らない時に、なんとか飲むことさえできるのならばと、助産婦さんにオススメされたのが、グリーンスムージーでした。

 

 

「吐きつわり」で食事が喉を通らないのなら、グリーンスムージー試してみたら!? 妊婦さんは栄養をしっかりと摂らないと元気な赤ちゃん産めないよ〜♪

 

 

そこで我にも縋るような思いで、飲んでみたら...コレならイケる!!と思いました。自分的にも結構意外だったのですが、実は私は大のグリーンスムージーが苦手だったんです。過去に飲んでみたけど、元々苦味のある野菜が嫌いなので、全く苦味とかが受けつけなかった...でも、全然大丈だったのです。妊娠中は味覚も今までの自分と変化があるものと聞いていたけれど、これは嬉しい誤算でしたねw

 

グリーンスムージーが妊娠中に最適だった!これで辛いつわりをに乗りきれた!

私も周りの友達妊婦やお姉ちゃんから聞かされたいたのですが、プレママの時の悩みといえば「便秘」と「体重管理」です。グリーンスムージーに含まれる豊富な食物繊維には、便秘と食べ過ぎを予防する働きがあります。
食物繊維は胃の中で適度な満腹感を与えてくれるうえ、腸の中の老廃物を排出する効果があります。しつこい便秘に悩んでいる方や、食べ過ぎで次の検診が心配な方にはもってこいでしたね♪

 

その他にもこんなメリットがありましたよ♪

栄養をたっぷり摂れる!

グリーンスムージーは野菜・果物が入ってるので、ビタミンを中心に様々な栄養素を手軽に摂れるのが魅力です。例えば、ほうれん草であれば、鉄分/β−カロチン/ビタミンA/ビタミンB群/ビタミンC/カリウム/カルシウム/マグネシウム/食物繊維などの栄養素を豊富に含んでいます。
あなたに必要な栄養素をお手軽に摂取できるのがグリーンスムージーの良いところ。妊娠中だけではなく、産後もお勧めですし、家族の健康作りにも活躍してくれるでしょう。

 

匂いが気にならなくてすんなりと飲める!

妊娠中、特につわり中は調理の匂いや食事の匂いに敏感になる時期です。匂いの強いものを口にする事で、吐き気を催してしまう人も多いです。実際に私もそうでした。
でもグリーンスムージーであれば葉野菜と果物の匂いですし、自分好みの味・香りに仕上げる事ができるので、匂いや味を気にすること無く飲めるでしょう。最初は慣れが必要かも知れませんがすぐ慣れます。

 

体重管理に楽々♪ ダイエット食としても!

つわり中に食べれなかった反動で、つわりが治まってから食べ過ぎてしまい、体重が増え過ぎてしまう妊婦さんも多いようです。
赤ちゃんも成長しているのでよく食べる事は大切ですが、体重増加の『過多』によって赤ちゃんにリスクが生じる可能性もあります。
グリーンスムージーには食物繊維が豊富に含まれており、満腹感が得られる為、食べ過ぎ防止に一役買ってくれます。朝食をグリーンスムージーに置き換えるなどして、体重管理に役立てたいですね。ここでグリーンスムージーに親しんでおけば産後のダイエットや健康管理も楽でしたね。

 

 

妊婦中はとにかく冷えの問題がつきまとう...
 
妊娠中は胎児のためにも「身体を冷やさないよう」することが鉄則です。ただ、グリーンスムージーは生野菜や果物を使うのでお腹が冷えやすいんですね…。ですので、体が冷えないようにする為に、口に含んでよく噛むようにして飲んだり、体を温める作用のある野菜・果物を取り入れるなどの工夫をすると良いでしょう。

 

絶対NG!な農薬の影響がある...
 
グリーンスムージーを作る場合、果物の皮ごと使用することが多いです(皮に栄養がたっぷり含まれている果物が多いため)。そうすると気になるのが残留農薬が怖いのは事実。そもそも野菜や果物の残留農薬は、問題になるほどの量は残っていませんが、しっかり洗っても農薬を完全に取り去ることはできません。長期的に毎日飲むことを考えると、不安に感じてしまうのが正直なところです。もし心配であれば、リスクを減らすために有機栽培・無農薬栽培の食材を使うことをオススメします。(そうすると金銭的に余裕がないと辛いですが...)

 

金銭的余裕がないとキツイ...
野菜や果物って結構お値段が高いですよね。もちろん種類にもよりますが、季節やその時の風評被害など様々な要因で安定した供給が難しいのが野菜です。そうすると果物の組み合わせによっては高額になってしまいます。摂りたい栄養素と経済面の両方を考えて、あなたに合った野菜・果物を購入することが大切です。

 

確かにデメリットはありました...でも、つわりの辛さや赤ちゃんのことを考えると辞めるわけにいきませんでした...

 

本当の救世主が登場!粉末グリーンスムージの存在と出会う!

コストが高いという最大のデメリットがあるグリーンスムージー...そんな悩みをあっさりと一発解消してくれたのが、粉末のグリーンスムージーでした!

 

有名人や大好きなファッションモデルさんがブログやインスタグラムで紹介していたので、パっと思いついたのが「ミネラル葉酸グリーンスムージー」でした。

 

グリーンスムージーを粉末の「ミネラル葉酸グリーンスムージー」に変えることで、なんと!

野菜/野草/果物/穀類/海藻など約200種の原材料で栄養満点。

 

1食あたり91円の低コストでお得。

 

1食あたり23.1kcalの超低カロリー。

 

10秒で完成!粉を溶かすだけで簡単に作れる。

 

ただ、一つ、この粉末スムージーを飲む時の注意があります!

 

この「ミネラル酵素グリーンスムージー」の商品の注意書きをよく見てみると、

確かに「ミネラル酵素グリーンスムージー」には妊娠中や授乳中に悪影響が出るものは入っていません。しかしこちらの商品は置き換えダイエットなどの目的で使用される方も多くいらっしゃいます。
そのため、妊娠中・授乳中の食事における栄養バランスに配慮して「摂取をお控えください。」と記載させていただいています。

と記載されています。要するに妊娠中は「ダイエット目的等で無理な使用方法は避けるように!」ということです。

 

その他にも注意点をまとめておくと、

胎児に問題のある成分は含まれてないけど、栄養は食事でしっかりと

 

お腹が緩くなる可能性のある成分も含まれているため過剰摂取は控えて

 

普段口にする機会の少ないハーブが含まれている場合は医師に相談を

 

当たり前のことかもしれませんが、妊娠中・授乳中にいくら食べられないからといって、グリーンスムージーだけを飲んだり、置き換えダイエットを実践したりすることが無いように、あくまでも「吐きつわり」の時の栄養の補助として取り入れるようにしましょうね♪

 

 

これを踏まえた上で、「辛いつわり」を乗り切り、一生の思い出となる期間として思い出になる素敵なマタニティーライフをエンジョイしましょうね♪

 


 

 

強く、美しく、健康的なママのためのミネラル葉酸グリーンスムージー誕生!

私自身後からこのことを知ったのですが、このミネラル葉酸グリーンスムージーは、あの有名な「ミネラル酵素グリーンスムージー」を妊活・妊娠・出産後の女性向けに改良された商品だということ。

 

ミネラル葉酸グリーンスムージーのキャッチフレーズは
「強く、美しく、健康的なママのためのミネラル葉酸グリーンスムージー誕生!」です。
このフレーズを買ってから気付くなんて、よっぽどあの当時の私はよっぽど「つわり」に参っていたんだと思います。

 

ミネラル葉酸スムージーを特にオススメしたいのはこんなあなた!
 

 

 

 

妊娠中や授乳中のママにとって特に必要な栄養素は何なの!?

 

妊娠中や授乳中のママにとって特に必要な栄養素は
葉酸・鉄分・カルシウムです!

葉酸について

赤ちゃんが元気に育つためにとても重要な葉酸!

 

葉酸はビタミンB群の一種で、タンパク質や遺伝子を構成する核酸の合成を促進する重要な栄養素です。
葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんの中枢神経に障害が起こることがあったり、発育が十分でなくなったりしてしまうといわれています。
そのため妊娠中の流産やダウン症等のリスク軽減にも、赤ちゃんの健やかな発育のためにも特に必要な栄養素です。葉酸は特にほうれん草などの緑の葉野菜に多く含まれていますが、そのどれも熱に弱いのが弱点です。

 

鉄分について

中枢神経の発育に不可欠な鉄分!

 

鉄分が不足すると、疲れやすくなったり、貧血(脳貧血)を起こしやすくなると言われています。鉄は脳などの中枢神経の発育に必要な栄養素で、妊婦さんはもちろん、赤ちゃんの発育が盛んな授乳中の方にも大変重要な栄養素なのです。また、ビタミンCには鉄分の吸収を良くする効果もあるので、ビタミンCを多く含む食品にも良いと言われています。
赤血球を作り出す時に必要な、葉酸、ビタミンB6、B12もバランスよく摂取することが鉄分を補給していただくのに最適な形なのです。

 

カルシウムについて

普段より食物から摂取が必要になるカルシウム!

 

カルシウムは、骨や歯に99%、残り1%は血球や体液に含まれています。カルシウムは、体内で生成することが出来ないので、常に食物から摂取する必要があります。血液中のカルシウムが不足すると、骨から血液中にカルシウム供給するために骨から取り出したカルシウムを食べ物から摂取したカルシウムで補いまた蓄えなおす事ができないと骨からはどんどんカルシウムが出て行ってしまい、骨がもろくなってしまうのです。
妊娠中は、お腹の赤ちゃんの骨や歯を形成するために、カルシウムが一日に150mgも胎盤を通してお腹の赤ちゃんに与えられると言われています。また、母乳を通しても赤ちゃんにカルシウムが与えられるので、普段よリ多くのカルシウム摂取の必要があると言われています。

 

厚生省も葉酸の必要性を通達!

 

海外でも積極的に摂取されている葉酸ですが、日本でも2000年に厚生省から妊娠を計画している女性、または妊娠の可能性がある女性に対して、神経管閉鎖障害のリスク低減のために、葉酸摂取に関する通知が出され、2002年には「母子健康手帳」に葉酸を摂ることの必要性に関する記述が盛り込まれました。

 

サプリメント(葉酸)として、1日1,000ugを超えないように注意しましょう!

 

たくさんの先輩ママさんに支持されている♪

 

都さん / 28歳
「妊婦に必要な栄養が取れるので嬉しい♪」

 

妊娠前からナチュラルヘルシースタンダードの酵素スムージーを愛用していましたが、めでたく妊娠が発覚して、飲むのをやめていたので妊婦でも飲めるスムージーが出て早速試してみました♪
味は大好きなマンゴー味でとっても美味しいです♪ 酵素ではなく、妊婦に必要な栄養が摂取出来るのでとっても嬉しいです! 産後のダイエットまでしっかりと継続しようと思います!


 

はるみさん / 23歳
「凄く美味しくて毎朝欠かさず飲んでます♪」

 

妊娠してからかなり太ってしまったのですが、授乳中なため無理なダイエットを避けたいと思っていた時にこの葉酸スムージーを知りました。栄養もたっぷりで、シェイカーで混ぜると粉っぽさもなくすごく美味しくて、毎朝飲んでいます♪ 水で割ってももちろん美味しいですが、牛乳で割るのが個人的にはオススメです!


 

Meyさん / 32歳
「授乳中でも安心して飲める!」

 

先月出産したばかりですが、産後の体重管理のためにグリーンスムージーを始めたくて、この葉酸スムージーが話題になっており、授乳中でも安心して飲めるようなので購入を決意! 妊娠・授乳中でも安心って珍しいですよね! 葉酸だけでなく、鉄やカルシウムもしっかりと摂取できるので、なくなったらリピして続けていこうと思っています♪


 

また、こんな妻のつわりを思いやる素敵な旦那さん声もあります♪

 

サトシさん / 27歳
「夫婦で楽しく飲んでます!」

 

つわりで辛そうにしている妻を見ていて、ネットで情報を探していたときに見つけたのが「ミネラル葉酸グリーンスムージー」でした。最初は妻のために購入して飲んでいたのですが、夫婦で飲んだほうが良いとあったので、今では妻と一緒に飲んでいます。味も美味しく、各成分の加工国等もしっかり記載されており、安心して飲むことが出来ました!


 

このようにたくさんの先輩ママさんや現役ママさんたちの強い味方になっているのですね♪

 

実は今話題沸騰中! 売れに売れて支持されているのを証明!

 

 

 


 

「愛する我が子」のために知っておきたい妊娠中の大事な”葉酸”の知識

妊婦のための生活知恵袋

このページの先頭へ