MENU

「つわり」の始まる時期と対策

辛い「つわり」を解消する方法

妊婦さんの最初の試練、それが「つわり」ですね。

 

月経が遅れ、妊娠の可能性があると自分で認識し、そこで既に何となく気持ちが悪い、体調が悪いと訴える人も出てきます。

 

吐きたくなったり、食べていないと落ち着かなかったり、異常な眠気に襲われたり、とにかく「つわり」は人によって症状も違いますし、初めてのお子さん、3人目のお子さんといった場合でも「つわり」の症状は異なります。

 

つわりの多くは、妊娠週数4〜6週くらいから始まる人が多いようで、胎盤が完成してしまうまでつまり、妊娠週数が12週〜16週といった所で、その症状も徐々に治まってきます。

 

つわりを一番強く感じるときが、一般的に妊娠7週目〜9週目といわれています。

 

「つわり」の原因は解明されていませんが、妊娠するとホルモンバランスが大きく崩れます。

 

人間の身体は、外部から異物が入ったり認識すると熱を出したり、湿疹を出したりといわゆる「拒絶反応」を起こします。

 

胎児もいくらお母さんとはいえ、自分とは違う生命ですから、身体は異物として認識して反応をしてしまうのかもしれません。

 

実家に帰ったら「つわり」を感じなかった、友人にTELしているときは「つわり」が起きない...といったことをよく耳にしました。

 

居心地の良い環境にいることで、「つわり」が軽減されるということでしょう。

 

つわりに時期は、とにかく無理をしないこと。辛かったら休めばいいのです。

 

旦那さんにストレス発散! してもきっと許してくれるでしょう!


辛い「つわり」を解消する方法記事一覧

「つわり」はほとんどといってもいい妊婦さんが経験するものですが、中には全くないという羨ましい人もいます。「つわり」のメカニズムはいまだに解明途中で不明な点が多いのですが、わかっていることやこうではないか!?という説が様々にあります。妊娠すると、女性はHCGというホルモンを大量に分泌します。妊娠と同時に急激に増加し、10週でピーク、12〜16週で落ち着くといわれています。ということから、このHCGと...

水を飲んでも吐きたくなる...「つわり」は辛いですよね。「つわり」はほんとに個人差があってまったく「つわり」がないという人もいれば、水分も吐いてしまうぐらい酷い方もいます。あまり水分が取れないという状態が長く続くと重症化する場合もあります。胃がムカムカする、すっぱいものしか欲しくない、好みが変わった、匂いに敏感になった...など、たくさんの症状があります。個人差があるのは症状だけでなく、ピークが来...

「つわり」を何とか楽に乗り切りたい!っと誰もが思うものですが、「つわり」の症状は、人それぞれですから、自分でその方法を見つけ出すことが必要です。これらは管理人自身が色々と試行錯誤して、考え付いた方法なのでご参考までに紹介します。ノンカフェインの紅茶、ハーブティーまずは、ストレートの紅茶。砂糖やミルクを入れていない紅茶を冷蔵庫で冷たくしておきます。冷やしておくと香りがマイルドになるので「どうしてもあ...

妊娠して喜んでいるのも束の間...その後にやってくるのは「つわり」です。「つわり」はなった人にしかわからない本当に辛いものですね。この辛い「つわり」を乗り越えるために、妊婦さんに対しての様々な制度があります。働く妊婦さんの出退勤の通勤緩和普段は平気でも妊娠中は色んな事に敏感になります。なので通勤の際の電車やバスといった混雑が本当に辛い。特に「つわり」の時期は周りの人の色々な匂いとか混雑具合はとても...

なぜコーヒーや紅茶、緑茶は飲み過ぎてはいけないのじか!?それは、コーヒーなどに含まれるカフェインが問題になります。カフェインには、神経を興奮させるという作用があるのです。妊婦さんは胎盤で赤ちゃんとつながっていますよね。もちろんカフェインも取り過ぎれば、血管から胎盤を通じて赤ちゃんのところに届きます。でも、利尿効果やリラックス効果もありますので、適量を守りましょう!コーヒーをどうしても飲みたい......

食べたいという気持ちすら起こらない...「あんなに好きで毎日のように食べていたのに」なんてことが「つわり」の時期には起こり、本当に食べられるようものが限られます。「つわり」の時でも案外食べられるものが、お酢を使用したレシピです。私がよく口にしていたレシピを少しご紹介します。タコと生野菜の酢の物さっぱりとしていて酸味があるので、妊婦さんでも食べられるという人が多いようです。逆にすっぱいものがダメ!と...

ドラマでありがちなのが、妻が「うっ」と口を押さえてトイレに駆け込み、夫が「おまえ、まさか……」と妊娠が発覚……というシーン。妊娠が判明すると嬉しくて大喜びする半面、それとともにやってくる喜ばしくない違和感が「つわり」。友人・知人が少ない方や旦那の協力も得られず自分だけこんな辛い思いをしているのでは!?と思ってしまうほど精神的にも追い込まれる辛い「つわり」。女性たちは、いつどのような症状を経験してい...

「つわり」の時に一番厄介なのがやはり”食事”をどうするのか...という悩みを抱える妊婦さんは多いと思います。吐きづわりの人も、食べづわりの人も「食べられるものを食べて、あまり胃を空っぽにしない」ことが大切になります。胃腸に負担がかからないように、消化の良いものを少量ずつ食べ、こまめに水分補給することが症状を悪化させないコツです。ここでは私自身の経験から見つけたちょっとしたコツを紹介します。これらを...

「つわり」の期間、度合いなどは妊婦さんによって本当に症状は十人十色。全くないよ!っていう人もいれば、ひどくて起き上がる気力もない...何か口寂しくて常に食べていれば大丈夫という人。妊娠中、ずっと継続して「つわり」という苦しく、吐き続ける人もいます。でも、いくらそんな症状が続いて苦しいといっても、長くて10ヶ月間で終了するもの。つわりの時、何も食べられない...と赤ちゃんへの心配をするお母さんが本当...

症状が改善されず、入院が必要になってもそれは可愛い赤ちゃんを産むための試練です。病院にいれば処置も的確に施してもらえるので「これでようやく一安心」ぐらいの気持ちでいましょう。ついつい現代人のあなたも頼ってしまいがちな”薬”なるものも「つわり」には存在しません。しかし、自分の「つわり」の”ツボ”を知ってしまうと案外症状を和らげることができます。ここには個人差がありますが自分の”ツボ”を見つけるヒント...

食べ物にあまり敏感に反応しない「つわり」になると、自分の食べ物の好みが全く変わってしまう場合があります。あれだけ大好きだった食べ物が全く食べれなくなったり、逆に嫌いで全く寄せ付けなかったものがすごく食べたくなったり...「つわり」は本当に不思議なものです。でも、困ったことに、食べ物自体を全く受け付けなくなってしまうという妊婦さんもいるのです。そんな場合には、悩まずに早めに専門医の診断をうけるように...

この妊娠中の辛い「つわり」は未来の赤ちゃんに出会うための試練のようなもの...このしんどさからはどうしようもないので出来るだけ楽しく過ごすためにどうすればいいか...考え方としては自分と好きな人の分身がここにいる証拠として思いましょう。私自身、妊娠中は大嫌いだったトマトが無性に食べたくなってトマトばかり食べていました。妹は普段は全く食べはしないリンゴ。そうです、妊娠中は食べ物の好みが変わるという人...

前述もしていますが、「つわり」の症状は本当に人それぞれ、十人十色です。食べ物を見ただけで、吐き気を覚えてしまったり、吐いてしまったりする人もいれば食べて入れば大丈夫、という食べつわりの人もいます。食べつわりの妊婦さんはとにかく何か口に入れていないと気持ちが悪くなる、という症状になります。多くを食べることはできないのですが、口に食べ物がなくなると、もう吐き気がする...という状態ですし、ずっと食べて...

「愛する我が子」のために知っておきたい妊娠中の大事な”葉酸”の知識

妊婦のための生活知恵袋

このページの先頭へ